独女独男に聞きました【正直、結婚したいですか?】みんな意志が強そう

恥ずかしながらこっそりブログのランキングに参加しております。
左とか下とかにあるこれです。

おひとりさまランキング
ライフスタイルランキング

前後のおひとりさまの暮らしを垣間見ては共感したり思い知ったりしています。
おひとりさまってどうしても自虐ネタ大目ですからね。
わーい!すっごーい!たのしー!(流行ってるし連日つぶやいてしまうやつ)なブログはあまり見かけない、
というかそうなると別ジャンルですね。

■アンケートとってみました

そのブログのランキングサイトにアンケートがとれる機能があるのですが
せっかくなのでこしらえてみました。

気が向いたらご回答お願いします!

なんという目的があるわけではないのですが、純粋な疑問でして。
コンカツコンカツ最近聞かなくなりましたし。
むしろ婚活すんな疲弊するばかりだ、の声が多い気がする。

前に書いた記事
「該当ナシだった⇒アラフォーまでに“結婚できない”女性は、大きく3つのタイプに分かれる」
で取り上げた結婚できないタイプは、もはやファンタジーだったわけです。
じゃあみんな実際どう思ってるのかな、と。

もっぱら世の中では「婚活は上手くいかないもの」という意識になっており、
それを逆手に
いやこんな私だけど婚活上手くいきました、
的な漫画や啓発本が流行っているという、裏の裏は表、みたいな状況ですよね、今。

100回お見合いしたヲタ女子の婚活記 (Next comics)

31歳BLマンガ家が婚活するとこうなる (ウィングス・コミックス)

ネットで会って30分で結婚を決めた話 (少年チャンピオンコミックス・タップ!)

ヲタ婚活多すぎるな。
まぁ漫画家さんのエッセイ漫画だしそうなりますかね。
未婚のオタクが増えたorオタク=未婚だったが昨今は家庭も手に入れる、
という原因を考えがちですが
単にオタクが増えただけだと思います。
奔放になりつつ苦しむ不思議な世の中になりました。

■結果

まだそんなにアンケート回答は多くありません。
少ないながらも面白い傾向になってきたので
経過報告をします!


年齢分布と男女比はこんな感じです。

おひとりさまにむけた他のアンケートで、訪問者の80%が女性という結果でしたので
この質問に意見したいのは男性のほうが多いということでしょう。
そしてやはり、
40代が一番答えてくれる、ということはこの年代が一番意識しているということですよね。

現状のアンケート結果がこちら。

どっちでもよいのです!

個人的に、
2番だと思っていたのです。
人間たるもの結婚しなきゃね、という意識は残っているものの
いろいろと犠牲にしてすり減らし、あげく幸せになれないような結婚ならしない。
でも、自然とそうなれば、結婚したい。

しかし、そんな意志の弱い回答は一番少なかったです。

「結婚したい」という明確な意志がある人は、婚活をする。
意志があってもうまくいかないことを知っている人は既に見切りをつけている。

「どっちでもいい」は、
一見流れに任せているだけのような選択ですが、
これは、「人生において結婚は重大事項ではない」というふうな考えが増えているのではないか
という目論見から選択肢に加えています。

ご意見、いくつか抜粋します。

「どっちでもいい」
ひとりで生きていくためにすべきことを考えて行動していたら、結婚なんてどうでもよくなりました。(女性)

「どっちでもいい」
無理してまで結婚する気はない。老後のために結婚したいだけで、相手が先に死んだり、離婚したりすれば意味がない。子供がいないのであれば、老後、残されて方は可哀想。(男性)

「結婚などしたくない」
人間、産まれてくる時も死ぬ時もひとりだから、なんてことはない。しかし、病気や怪我の時は困るし、歳を取ってくると寂しくなるのでは、と思い始めた40半ばの今。(女性)

一つ目のご意見が、まさに狙い通りの本音です。
二つ目と三つ目は内容は似ているのに選択肢が違います。
この場合の「どっちでもいい」は、あわよくば…という意味なんでしょうね。
素直になれない気持ちもわかります。

とはいえ、票数が少ないので、今後どうなるのか楽しみです!
これ以上増えなかったら悲しいですが!

■厚生労働省に頼ってみる

回答数が少ないし
「おひとりさま」ブログを書いている皆さんのご意見ですし
偏りがありそうなので、国の調査結果を探します。

出生動向基本調査2015によると、2015年に「いずれ結婚するつもり」と回答した18~34歳の未婚者は、男性が85.7%、女性が89.3%でした。 1987年以降で見ると、「いずれ結婚するつもり」の割合は低下、その一方で「一生結婚するつもりはない」の割合は上昇していますが、それでも結婚したいという意思を持つ男女は約9割と高水準にあります。

情報源: 結婚したい男女は9割もいるのに、結婚できない理由とは? | 恋愛・婚活に勝つための情報サイト・恋愛相談【愛カツ】

時代が進むごとに下がってきていたり、
女性の結婚願望が男性を上回ってきたりしていますが、
ほぼ9割の人が結婚を望んでいます!
意外!

しかしながら18歳~34歳への調査なので、こんなものかもしれません。
まだ結婚はするもの、という意識が強いようです。

と、思いきやこの結婚意志、「絶対に結婚します!」ではなかったもようです。

情報源: 第Ⅰ部 独身者調査の結果概要

「理想的な相手が見つかるまでは結婚しなくてもかまわない」という人も含まれていました。
「ある程度の年齢までには結婚するつもり」という人はどの時代も半数前後です。

興味深いのは、
男女共に、2000年前後に一度下がって、また最近上がってきているところ!世紀末感!

あれ、
やっぱり結婚しなきゃな!て人が増えてきているのか。
でも未婚率は上がっております。
給与の減少、女性の社会進出などと、密接にかかわっているもよう。
お互いに条件が厳しくなってきたんでしょうね。
理想の相手じゃなくても結婚したい、という意見は生活の不安からきているのでしょうか。

あ、ごまかされるところだった、
厚生労働省たんが35歳以上の意見を調査してくれません…。
「出生動向基本調査」ですからね、出産を前提として結婚意志を調査したんですよね…。

というわけで、国がやってくれないので私がコツコツ意見集めます。
めっちゃ増えたらまたご報告します。

【今回のハック】
 35歳をこえると、生活の不安を解消する手段は結婚だけでないことを知っている。それを含め、意志を持って生きようと心がけている。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!ください↓

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)