トレスポまで!なんか全部【90年代リバイバルブーム】でくくられている!

こないだ90年代懐古したばっかりですけどね、
タイムリーにその辺の時代の復活ニュースやらをよく見かけるわけです。

こないだの【30代40代推奨】元気の出る脳内パワープレイ曲くださいで取り上げた「GET WILD」ですが
全曲GET WILDのアルバムが出るらしいですよ。

アニメ『シティーハンター』のエンディングテーマとしても有名なTM NETWORKの『GET WILD』が2017年4月に30周年を迎え、全曲『GET WILD』という記念アルバムが4月5日に発売となる。

情報源: 33曲全て『GET WILD』のTMN記念アルバムが発売へ Twitter上では「織田裕二でさえ12曲だった」の声 | ガジェット通信

ワイルドすぎる、アスファルトとタイヤが心配、との声が上がっています。
なんとタイムリーに脳内を流れていたことか、と驚きました。

■90年代リバイバル、集合

いやこれタイムリーじゃないです。
90年代リバイバルブームとやらの、むしろ後発!

私たちも若かりし頃レトロでかわいいとかかっこいいとか言ってしまっていたわけですが
もはや私たちはレトロな存在です。

さて、現実を見ましょう。

昨年よく見かけたけどどうにも気恥ずかしかったあれ↓

冬の定番アウターは、ダッフルコートやPコートだけではありません!MA-1も冬の定番アウターとなりつつあります♡寒くなると街に溢れるMA-1女子、あなたも何度か目撃しているのでは?

情報源: 知ってる?MA-1の読み方と、フェミニンに着こなす2つのルール | XZ days

フェミニン!


映画 トップ・ガン TOP GUN トム・クルーズ ポスター 42x30cm マーヴェリック 【並行輸入品】 トップガン

スカートでは戦場に出れませんよ。
まぁ私たちの頃でもトムルーズじゃなくてハマダーが着てたイメージですが。

そしてこいつまでもが↓

7月25日には、「エアマックス狩り」などの社会現象を巻き起こした「ナイキ エア マックス 95」のイエローバージョンが販売され、

情報源: 女性にも似合う!誕生20周年を迎えた”AIR MAX 95(エア マックス 95)”GRAPE8月15日発売予定-STYLE HAUS(スタイルハウス)

なつかしのエアマックス狩り!
これもうおじいちゃんが孫のお下がりではいてるイメージしかなかったわー

dadadaさん(@daido527)が投稿した写真

駅で見かけたとき二度見しましたよ。
おじいちゃんじゃなくてオサレメンズでした。

いやこれ見たことないけど帰ってきたらしい↓

90年代に大流行したストレッチブーツがリバイバルでトレンドの真ん中に戻ってきました!その理由はバランスのとりやすさ。

情報源: 90年代のトレンドがリバイバル!バランスアップにはストレッチブーツがおすすめ | folk

こればっかりは信じられませんね。

情報源: 【画像】90年JK、95年JK、00年JK、05年JK、10年JK、15年JK…やっぱ転換期はあの年だったんだな

これですもん。さすがに現代風アレンジは…

R&E/REZOYさん(@re_rz)が投稿した写真

素材を変えると言うことでクリアしたようです。

90年代ファッションリバイバルは、これ以外にも
カチューシャ、キャミソール、厚底シューズ、スカーフなどなどたくさんありました。
Tシャツにキャミソール重ねるとかもはや泣けてきます…

■90年代リバイバル、エンタメ編

そういえば、
再結成バンドもカバーソングも段々90年代になってきた気がします。

スズキのラパンのCMで小沢健二「ラブリー」が流れる。女性によるカバーらしい。出演は松島花。 歌っているのは、Michelle143(ミッシェルイチヨンサン)というアーティスト。

情報源: スズキ ラパンのCMソング「ラブリー」のカバーは誰? 出演 松島花: point of view point

槇原敬之さんの『どんなときも』をカバーしていたのは、 どうやら井上苑子さんという 19歳(1997年生まれ)のシンガーソングライターだそうです。

情報源: ギャラクシーCMどんなときもの歌手は誰?カバーを歌う女性を調査!

 

昨年2016年末の紅白、なんとなく私たちに寄せられていると思ったのは気のせいでしょうか。

2.【紅】PUFFY(初)「PUFFY 20周年紅白スペシャル」
33.【白】KinKi Kids(初)「硝子の少年」
40.【白】X JAPAN(7)「紅」
42.【白】THE YELLOW MONKEY(初)「JAM」

情報源: 紅白歌合戦、曲順一覧(2016)

あと曲は新しいけど
椎名林檎、宇多田ヒカルも含めたいところです。

紅白出演は叶いませんでしたが、
昨年は我らが大黒摩季もカムバックしています!

ドラマ業界でもリバイバルがあったようです↓

7月から始まる夏のドラマでは、三上博史、松嶋菜々子、滝沢秀明、江口洋介、伊原剛志など、90年代に代表作を持つ俳優たちが再び一線に返り咲き、ある種のリバイバルともいえる様相を呈している。新世代の実力派俳優が続々と台頭してきているなか、なぜ90年代のスターたちが脚光を浴びているのか。

情報源: 三上博史、松嶋菜々子、滝沢秀明……夏ドラマで“90年代スター俳優”がリバイバルした背景 | Real Sound|リアルサウンド 映画部

あーそういえば。
こじつけな気もしますが90年代に全盛期だった方々でしょうかね。

 

そして昨日目にした大ニュース!

『トレインスポッティング』が一世を風靡してからおよそ20年、続編『T2 トレインスポッティング』が2017年に公開されることが決定。

 

情報源: 『T2 トレインスポッティング』あらすじ・キャスト【20年ぶりに続編が公開】 | Ciatr[シアター]

トレインスポッティング2、公開決定!!!!!!

結局みんな中毒者だ!
前作は1996年公開でした。

トレインスポッティング(字幕版)

うわー懐かしー
懐かしいのにめちゃくちゃかっこいい。
キャストは2でも変わらないようです。
20年たってどんな人生を選んだのか、
同じ時代を生きたものなら絶対に見たい映画ですね。

…って20年も経ってたのか!

■フィクサーを探したい!

IT分野でもリバイバルしてるらしいです。

ここのところ、ITの分野では、90年代のリバイバルが流行っている。AI=Artificial Intelligence=人工知能しかり。VR=Virtual Reality=仮想現実しかり。

情報源: ビル・ゲイツやザッカーバーグが「歴史」を学び続ける理由(池田 純一) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

 

もうこなってくると意図的なものを感じざるを得ません。

素人了見で考えられるのは、
・時代はめぐる。70、80年代のファッションも流行っていた。
・90年代を生きた人が大人になって消費をする余裕がある。
・しかもその人たちが未だ家庭を持っていないなど、自分の欲望に忠実。
・どこかの業界で90年代リバイバルが成功して、他業界に広がった。

というところでしょうか。

仕掛け人について調べたのですが、
クレバーな方はボロを出すはずもなく、見つかりませんでした。

おそらくフィクサー的な何かはいるはずなんですよ。
後発は純粋に乗っかったとしても、意図的に動かした人がいる。

でもそれをおいといたとしても、
90年代はちょうどいいのかもしれませんね。

70年代なんぞ昔からレトロの代表みたいなものでこれ以上新しさはないし、
80年代のファッションも少しは復刻しましたが
突き詰めるとギャグになってしまう。
平野ノラ好きです。
元気でいい時代なんですけど、あの時代をリバイバルする体力が、現代にはない。

そして90年代。
今の若者には新鮮に映るし、
当時の若者たちはお金を使いたがる立場にいるし。
リピーターと新規をどちらも獲得できる優良コンテンツということですね。

でも
さすがに90年代ど真ん中にいた人たちはMA-1やエアマックスはこっぱずかしい。
しかしながら
トレインスポッティング2を出されたら、もうひれ伏すしかありません。
まさか20年後のレントンが見られるなんて。
どんな未来でもそれを答えとします。良作でも駄作でも受け入れよう。
90年代リバイバル万歳!

まだまだ続きそうなんで、
天袋からあのCDとかあの漫画とかふさふさのしっぽとか引っ張り出しましょう!

【今回のハック】
 リバイバルするより新しいもの生めよ…と思ったが、適度に踊らされたほうが楽しい。でも現実は見失わないよう。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!ください↓

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。