【繰り返す退屈な毎日から脱出】スーパーの店員に学ぶ擬態のススメ

毎日同じことの繰り返し。
飽き飽きしてしまう日常……

なんて思っているのはあなただけじゃありません。
みんな飽きないように何らかの工夫をして生きています。

ルーティン仕事に飽きる⇒目的、目標意識をもって達成感を味わおう
同じ暮らしに飽きる⇒日常に非日常を。恋や習い事、エクササイズなどで張りが出ますよ



そりゃそうでしょうね!!
そんなとこでしょうね!!
だいたい知ってた!!

ということで、近所で見かけた非日常上手さんを紹介します。

■絶対素じゃないでしょ

近所のスーパーの店員さんが、
明らかに演技をしています。

109系店員のあれじゃないです、
「ぃらーしゃませーどうぞごらーんくださーい」の
あれじゃないです。
それはどのサービス業でも多少あるでしょう。

まぁそうやって店員スイッチを入れて仕事をされているのかと思いますが、
そのスーパーレジの店員さん(多分20代女子高身長ショートカット)は、
なんか宝塚スタァみたいな声を出します。

宝塚見たことないからわからなかった。
なんていうんでしょう、女子がイメージするイケボ(イケメンボイス)ぽい発声で
3割引の惣菜をピッピやってきます。

イメージしづらいと思いますが
ナダルさんの女番みたいなとこです。

似てるわ!

おそらく2次元が好きそうな女子なのでナダル似は不本意でしょうが、
お仕事モードに切り替えた結果、異次元へと進化したものと思います。

いやまてよ。

彼女は意図的に楽しんでいるのではないかとも考えられます。
朝市という謎企画で安売り野菜のみを買う行列、
シールが3割引から5割引に張り替えられる瞬間を待つ平民、
いい歳してお菓子とビールしか買わない独女。

そんな繰り返される日常を輝ける瞬間にするため!
彼女はオスカルとして、私たち民衆のためにレジ打ちをしているのです!!


ベルサイユのばら「薔薇は美しく散る」オリジナル・サウンドトラック&名場面音楽集

■精神的擬態というジャンル

擬態(ぎたい、mimicry, mimesis)とは、 他のものに、ようすや姿を似せること。
動物が、攻撃や自衛などのために、からだの色や形などを、周囲の物や植物・動物に似せること。

情報源: 擬態 – Wikipedia

これじゃないでしょうか。
これの精神的なやつです。

前出の彼女は、いつ行ってもオスカルで迎えてくれますが、
日々変えていれば、仕事を退屈なんて思う暇がありませんね。

かといって、さじ加減が大事ですからね。
本来オスカルはやりすぎなのでアウトですよ。若いから大目に見ますが。

あれ、この人ふざけてんのかな、素なのかな、

丁度いい、中庸を狙ってくださいね。
孫悟空になりたくても、急に「オッス」とか「オラ」とか言い出しちゃダメです。

●オススメの擬態1
60代主婦のパート

比較的ハードルが低いかと思います。
擬態とはいえ、精神的な擬態ですので、髪型や服装は変えなくてもいいです。

・今日の夕飯何にしようかしらと思っている
・上京した息子に電話すると嫌がられるからメールの文面を考えている
・息子にもこんな頃があったわね、と思って人の子を見る(with微笑み)

私の知識のなさ!
でもまあこれを実践すれば心穏やかに過ごせそうです。

●オススメの擬態2
FBIに追われている人

これも、自分に少し要素を加えるだけなのでいけると思います。
スパイとして潜入もいいですが、知識が少なくてもいけそうなこっちがおすすめです。

・トレンチコートの人には気をつける
・遠くからの視線に敏感になる
・銃弾を避けられるよう、足元にお盆とかを置いておく

物理的なものを出してしまいました、私は未熟者です。
これは万引きを見逃さなかったり緊張感があったりで、リアルに褒められそうです。

●オススメの擬態3
本当は犬

また漫画的なシチュエーションになってしまいました…。
(いらすとやさんのは落語の「元犬」です。相変わらずの守備範囲!)
猫は仕事しなさそうなんで、文字通り会社の犬になってみる逆説的な擬態です。

・人間になってけっこうたつのでもういろいろ慣れてはいる
・肉とかを前にするとハアハアしてしまう
・基本的にはニコニコしている

犬の知識もなさ過ぎてビックリしました。
犬の従順さが演技でないとすると、かなり表情豊かで素直な人に捉えられるのではないでしょうか。

犬になった人はいた↓

仕事や人間関係で、嫌な事は誰にだってある。   しかし、「大人ならば」なんとかうまい方法でストレスを…

情報源: 英国紳士が「犬」になりたい納得の理由 – Be inspired!

■あながち馬鹿な行為でもない

サービス業など、接する人が入れ替わり立ち替わりやってくる方が有効ですかね。
デスクワークでほぼ同じ人と顔を合わせている場合、
周りの人が何事かと思いますもんね。

憧れのシチュエーションを日替わりで楽しもう、
というおよそ大人の発想とは思えなく、しかも発想力の乏しさに悲しくなりましたが
あながち無駄な行いではなさそうですよ!

今あなたがあこがれている人、尊敬している人、輝いている人を思い浮かべてみてください。身近な人であれば、上司や先生、先輩や友人でも構いません。または、歴史上の人物でもテレビに出ている芸能人でもハリウッドスターでも構いません。
なりたい人を決めたら、その人を演じて過ごしましょう。その人だったら今どうするか。どんな反応をして、どんな態度でどんな行動をするか、なり切って過ごしましょう。
これは何も遊んでいるだけではありません。
遊びながらモチベーションも上げ、行動も変え、いずれは人格や考え方まで変わっていき、自分が大きく成長し人生までも変わっていく強力な方法です。

情報源: 憧れの人を演じる|モチベーション向上の法則

この手の意識高いやつが多々ありました。
ただ無駄な遊びとして取り入れるのでなく、何らかの意味を持たせたい人は「憧れの人」を演じましょう。
※孫悟空の場合はオッスとかオラとかを使わずなりきってください。

あ、ただ退屈な毎日を打破したい人には、こういう方法がありますよ。

TODOリストを作る。

そんなマンネリ生活から脱出するためには、オフの時間の充実を充実させることが何より大切です。おすすめなのは、休日に「To Do リスト」を取り入れること。地味ですが効果は抜群なので、騙されたと思って是非一度試してみて下さい。

情報源: 毎日同じことの繰り返し…| マンネリ生活から脱出する方法

米(食物、植物)を作ってみる。

そんな繰り返しを打破するために、新しいことに日々挑戦するようにしています。
その1つが今回のお米作りです。

情報源: お米収穫!日々の繰り返しを打破し、自分を高めるための新しい体験。

旅に出る。

今の仕事や現状に満足できず、車中泊で四国を巡るという旅に出ました。 この旅を通して「行動する」ことと「ライフスタイルを変える」ことの重要性に気づきましたので、体験談と併せて紹介します。

情報源: 同じことを繰り返す退屈な日々から跳び出せ! | ライフエンジン

恋をする。

「イイ出会いがないー」「何か楽しいことない?」と、平凡な毎日にうんざりしていませんか?待っているだけでは何も変わりません。とは言っても、平凡な毎日を打破するためには何をすれば良いのでしょうか?

情報源: 平凡な日常にドラマのような恋愛を取り入れる方法・4つ | ハウコレ

 

これらを自分にあった規模で実践すれば、退屈しらずかと!

私は断然、精神的擬態をお勧めします。

【今回のハック】
 退屈って楽だった。擬態にしろ何にしろワクワクすることは多少しんどい。どっちをとるか。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!ください↓

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。