【独神】新年だから都合よく神にでも頼ろうと思ったらかっこいい言葉を見つけた

初詣、行きましたか?

個人的で恐縮ですが
産土神社(うぶすなじんじゃ:生まれたところの氏神様)、現在の氏神様、伊勢神宮と
3連続で詣でてきたので、今年の私は最強です。
しかし参拝の際に「お邪魔します」としか念じてないので謙虚です^^

■おもむろにオススメ独身紹介します

産土さんや氏神さんやお伊勢さんについてもいろいろまとめることはありますが
参拝のお作法やうんちくやらもまとめるのが記事というものですが
それはちょっとマメな方にお任せし、
気になったこと掘り下げますね!

あけましておめでとうございます!
(順不同)

年が明けても相変わらずSNS界隈で「独身」リサーチをしています。

↓おすすめ独身アカウント↓

何はなくとも「独身OLのすべて」です。

独身OLのすべて(1) (KCデラックス モーニング)

独身OLの仕事や生活をコミカルにファンタジーにリアルに描いた名作です。
「東京タラレバ娘」はドラマ化されますが、
こちらはドラマ化不可だし死人が出てしまいます。
ある世代にはドンピシャのネタ、OLあるあるが満載でもう虜なので、
未読の方は、是非。
WEB版は無料で読めますよ。

交流が生まれている。


この方は、「いつかティファニーで朝食を」など独女漫画の作者です。
他にも海野つなみ先生(「逃げるは恥だが役に立つ」の作者)などとも絡んでおり、
独女漫画界、潤ってますね!

おすすめ二人目。


強い。
こういった働く一般女性がため息?毒?を吐き、フォロワーがジワジワ増えている、
というアカウントをちょくちょく見かけます。
好感が持てます。

あとは、出会い目的や何らかのオタクで「独身」と記載するアカウントが多いです。
そして「逃げ恥」ヒット以降「プロの独身」が流行っている。

■二次元は無限なり

「独身」検索をしても、あまりいないんですよ、実際。
それでも愉快な魅力的な独身を見つけるために
「独」検索を始めると、カッコイイ神が現れました。

タケミナカタ!
あの諏訪大社の御祭神で、古事記にて相撲に負けた事でお馴染みの、兄!
なんでも擬人化?イケメン化?できて二次元界の想像力って凄いです。

それはさておき、「独神」とは!
私たちいつの間にか神化しましたか!
やぶさかではないけれど!

アカウント名に入れている人が見受けられます。
この作品のタイトルかと思ったらどうやら違うようです。

一血卍傑バンケツではプレイヤーの事を「独神」と称しております。
読み方は…「どくしん」が正式なのですが…やはり反対意見が出ます。当然ですよね。
「どくしん」のみなさんって言われると気分が良くないと思います。この辺の配慮は考えなかったのでしょうか?
読み方は「ひとりがみ」で良いと思います!

情報源: 【一血卍傑】やはり炎上勃発!!!「独神(ひとりがみ)」問題 | バンケツJAPAN

ぼっちプレイヤーのことかと思ったら、全員独神なのか!
炎上しているようですが、
そもそも「独神」って言葉があるようです。
え、もはやタイトルよりかっこよくない?(ごめんなさい)

■「独神:どくしん」ではなく「独神:ひとりがみ」

ひとりがみ!かっこいい意味であれ!

独神|単独で誕生し、男女の対偶神「双神」と対応する神。
双神が生みなしたこの世界と神々とに関わり、その活躍を導き助力する存在

情報源: 独神(ひとりがみ)| 日本神話.com

 

あれ、唯我独尊的な、唯一神的な意味が出てくるかと思いきや!

_人人人人人人人人_
> 神界の“独身”! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

※ツイッターのノリを引きずってしまいました。

しかも、夫婦の神の活躍をサポートしている!
むしろサポートされたいのに!

どくしん。ひとりがみ。性別を超越している、という意味。
古事記において、天地開闢で、様々な神が生まれる際、特に、別天神(ことあまつかみ、別天津神とも)の五柱と、別天津神に次いで生まれる神世七代の一代目と二代目を指して、古事記では使用されている。
つまり、計七柱。

情報源: 独神 – 神社と古事記

_人人人人人人人_
> 性別を超越! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

これはあくまでも神の話ですから。

大事なのは七柱(柱は神様の数え方)しかいないということ。
しかもこの七独神様たちは、1~7番目の神です!
これらの神たちがいなければあの神もあの神もいなかったわけです!
偉大!

しかもその後、双神(ならびかみ)=リア充夫婦の神に世界を譲り、更にその後サポートし続けるとか、
神!
いや既に神なので神オブ神です!

■独神に会いに行こう!

性別まで超越はできませんが、
その心の広さを見習うために、独神様に会いにいける場所を探します!
※御祭神として祭られている神社に行きたいな、ということ。

天御中主神(アメノミナカヌシノカミ)
宇宙で最初に生まれた神(古事記では)。
しかしながら、古くから祭られている神社がない!
大体途中で迎えられているらしく、昔でもマイナー扱いのちょっと不憫な神様。
古事記でも登場回数が1フレーズ!

情報源: 御祭神・由緒 | 全国総本宮 水天宮

福岡の本宮をはじめ全国の水天宮系など、
水に関係のある神社におられるようなので水場にいったら探してみてください。
水天宮に祭られたのも壇ノ浦の戦いの後…なんでなの…
なんかいろいろあるけどマニアックすぎるのでまたの機会に。

と思ったら、
他の六柱についても、主祭神として祭られている神社がない!
あっても、後の世で迎えられているか、建立されているか。

やはり昔の人も、
ドラマチックな神様の方が神社を作りやすかったのでしょうか。(下衆な考え)
※古事記では、この七柱のもうちょっとあとらへんからめくるめくドラマがはじまります。

と、困ったらもうこちらです。


神前結婚式創始の神社、東京のお伊勢さま【東京大神宮】の公式サイトです。

情報源: 東京大神宮

かの有名な!
縁結びのご祈祷行列ができる「東京大神宮」です。

この、縁結びで大人気の神社に、独神様が3柱もおわっしゃる。

少し矛盾を感じましたが、
太古の昔から独身様が夫婦を作っていったわけで、我々一般人の縁も結んでくださる、ということですね。
でも並ぶのは嫌だな…

【今回のハック】
 独神に頼って夫婦になるか、むしろ独神並に性別&人間を超越するか。うん、行列に並びたくはない。

関連記事

この記事が気に入ったら
いいね!ください↓

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。